top
株式会社武田機械は両頭フライス盤・ベッド型フライス盤・インモーションセンタ等 工作機械、
油圧内蔵式マシンバイス等 工作機器を製造するメーカーです
TAKEDA KIKAI
工作機械油圧内蔵式マシンバイス製品カタログアフターサービスお問い合わせ企業案内採用情報
沿革
1970年 福井市浅水二日町に株式会社武田機械(資本金4,000万円)を設立 工作機械、機器工具等の製造販売を開始
同時に東京、大阪営業所を開設
1973年 国内初の油圧内蔵式マシンバイスを開発し、製造販売を開始
1975年 国内初の4軸全自動タレットボール盤を開発、製造販売を開始
1978年 販売部門として株式会社中央物産を設立
1980年 名古屋営業所開設
1981年 株式会社武村鉄工所鯖江工場を買収
ベッド型フライス盤 2番 / 3番 / 5番 / 7番型の製造販売を開始
1985年 国内初のコラムフィード構造のマシニングセンタである「CNCインモーションセンタ」を開発、製造販売を開始
広島事務所開設
1986年 山口徳雄 社長に就任
1990年 両頭フライス盤 HDS1200NCを開発、製造販売を開始
1991年 仙台事務所開設
1996年 インデックステーブルを搭載しワンチャッキングで4面加工が可能な両頭フライス盤を開発、製造販売を開始
福井市中央工業団地(テクノパーク福井)にテクノセンター 第一工場を建設、操業開始
世界初となるリニアモータ駆動とコラムフィード構造を融合させたハイブリッド駆動インモーションセンタ「XLINEAR」を開発
2001年 両頭フライス盤HDS430NCを開発、製造販売を開始
2002年 武田寿一 社長に就任
大阪営業所移転
プレートミル 3Mを開発、製造販売を開始
2003年 株式会社中央物産との合併により株式会社武田機械の資本金5,000万となる
大径カッターを搭載したプレートミルUC15を開発、製造販売を開始
2004年 神戸事務所開設
2005年 大径カッターを搭載した両頭フライス盤HDS1000BCを開発、製造販売を開始
2006年 大型門型プレートミル DCM1530を開発、製造販売を開始
テクノセンター内に、第二工場を増設
2007年 テクノセンター内に、塗装工場を増設
2009年 本社を浅水二日町から南居町(旧テクノセンター)へ移転
両頭フライス盤のモデル名を「HDS」から「BXR」に変更
2010年 小型両頭フライス盤BXR150SFを開発、製造販売を開始
2013年 武田寿一 会長に就任
山口博徳 社長に就任
2015年 大阪営業所移転
神戸事務所を大阪営業所へ統合
両頭フライス盤BXR460SF・プレートミル2M・インモーションセンタIMC350の製造販売を開始
2017年 本社敷地内に管理棟・組立工場を増築
本社住所を南居町から三尾野町に変更